24日前場の日経平均株価は、前日比45円23銭高の2万8920円12銭と反発して取引を終了した。きのうの上値の重い値動きから、朝方は売りが先行。その後、下げ渋る動きをみせたことや、時間外取引で米株価指数先物が上昇したことを追い風に、午前11時8分には、同60円45銭高の2万8935円34銭を付ける場面もみられた。その後も、手掛かりに乏しいものの堅調な値動きが続いた。為替市場では、ドル・円が1ドル=111円前後(23日は110円87-89銭)で、朝方から小動き。東証1部の出来高は4億1011万株、売買代金は9803億円。騰落銘柄数は値上がり1107銘柄、値下がり943銘柄、変わらず140銘柄だった。

 市場では「上値を買い進む手掛かりに欠ける中、新型コロナワクチンの接種拡大による経済活性化が下支えとなり、当面は現在の水準近辺でのもみ合いを強いられそう」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、INPEX <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株が上昇。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も高い。NTT <9432> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株や、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株も堅調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株も上げている。東証業種別指数は33業種のうち、19業種が上昇、14業種が下落した。

 個別では、オリバー <7959> (監理)、DLE <3686> 、野村マイクロ <6254> 、リニカル <2183> 、フリュー <6238> などが上昇。半面、Jリース <7187> 、タムラ製 <6768> 、MDV <3902> 、エスクリ <2196> 、アトラエ <6194> などが下落している。